人気ブログランキング |

「檻の中のライオン」講演会報告

2018年11月15日、「檻の中のライオン」の著者楾(はんどう)大樹先生をお呼びして講演会を開催しました。
開催一週間前の申し込み締め切り日時点では、定員の半分強ほどの申し込み状況だったのですが、そこからたくさんお申込みいただき、当日は30名の会場がほぼ満員+小さい子どもたちもたくさんで活気づいていました。

奈良での講演ということで、しかまろくんのパペットも登場!
感想を見ても、とてもわかりやすかったという声が多数でした。

わははの会として、一般の方も募ってのイベントは久しぶりでしたが、とても有意義な時間でした。

参加してくださったみなさま、ありがとうございました!

また、聞きたかったけれど参加できなかったという方、ご自身で主催してみませんか?
今回の講演会も、木津での開催からのバトンを受け取っての開催でしたし、今回の講演会に参加してくださった方が熊本につなげてくださりそうです^^

画像に含まれている可能性があるもの:1人、室内


●檻の中のライオンin奈良 20181115 わははの会主催 感想

・日ごろ政治の話を家庭でいかにしていないかを気づかせてくれました。小6の子供の社会の教科書、小2の好きな「日本の歴史」。権力を持った人の意見ほんとかな?自分で考える、なぜか疑問を持つ。動物園で檻のことを気にせず楽しめたのは、檻がちゃんと機能していたから。日常すぐそこに政治、憲法がある。ぼーっと生きてちゃダメ!

・がんばってください。

2回目の講演でしたが、聞けば聞くほど学ぶことが多いです。その時の時事を織り交ぜながら聞けば聞くほど今の状況の危機感が増していきます。今回若いお母さんに聞いてもらい、これからの日本の未来や平和につなげなければ!と強く思い、わたしもまた行動していきます。楾先生お体に気をつけてがんばってください。

・自分たちがいかに憲法について知らなかったかを知らされました。この活動をもっともっと広げて、日本国民が自分の意見をしっかり持ち、国政への無関心を改善できたら日本がもっとよくなると思います。私は熊本からの参加ですが、ぜひ熊本でも講演をお願いしたく存じます。

・知りたいと思いながら知るのが怖いような憲法と今の政治の状況が見えて来て、やっぱり知ることが大事だと思いました。

・子連れには長くあやすのに大変でしたが、憲法のことを大変わかりやすく面白く勉強できました。憲法は子育て世代の私たちには遠く感じていましたが、とても大切なものなのだと思いました。主人、友人に話して憲法のこと政治のこと、一緒に考えていきたい。

・なぜ?と考えること、ここが一番大事だということをあらためて感じた。分かりやすいと聞いていたが本当だった。なぜ?分かりやすいが、家に帰ってゆっくり考えてみる。直接話を聞いてみたほうが早いかもしれない。次は前川喜平さんとの対談をぜひ聞いてみたいです。

※檻ライTシャツ、ご当地キャラを採用してはいかがですか?奈良バージョンウサギを鹿に!とか。胸にワンポイントのものがほしい→着やすい。全面プリントは少し恥ずかしい、という。

・本当に何もわかっていなかったんだなと実感しました。危機感もとても感じ、子供も無関心にならないように正しいことを教えてあげなければと思いました。

・自民党の改正草案のプリントもほしかったです。憲法は言葉の意味の解釈が難しいですがやさしい言葉で説明していただけて少し理解が深まったように思います。ありがとうございました。尼崎から来てよかったです。

・憲法はとても大事なものだというのがひしひしと伝わってきました。(今までは空気のような存在としか感じていなかったと思います)改憲したい人たちは「今の憲法が作られた時とは時代が変わった」とか言っていますが、簡単に変えるのではなく、憲法を大事にして時代を憲法に合わせていかないといけないのではないでしょうか。

・憲法とはとても難しいものだと思っていましたが、とても分かりやすく参加してよかったです。これからはもっと政治に関心を持ってニュース等知りたいと思います。

・今度は子どもを預けてゆっくり聞きたいと思いました。小学生の子にも聞いてほしい内容でした。私たちの生活に直結する問題なので、ホント、ぼーっとしてたらいけないナー・・・と。知る!考える!行動する!さっそく今日から!!

・あっという間の2.5Hでした。中学生の頃からずーっと「社会」嫌いで、嫌いで見ぬふりをしてもこれまで生きて来られました。それが、自分に子どもが生まれて家族を考えるようになったのと時を同じくして政治がおかしい?らしい?というのをSNS等で目にするようになり、、、今日は思い切って伺いました。来てよかった!大人になって知らないことばかりで恥ずかしいばかりでしたが、それでももっと知りたい、自分で自分の意見を考えたい!と今日強く思いました。息子と、その先のニホン、世界のために。わかりやすく、ひきつけられる語りでした。ありがとうございました!!!

・とてもわかりやすい内容でした。今までしっかり知ろうとしなかった自分を反省しつつ、誰でも知らないといけないのに今までそんな機会が当たり前になかった気がします。教科書まであやふやな表記になってきてる今、こうしたお話し会や本はとても貴重です。

・憲法学習は、他にもいろいろ行ったり集会に参加して知らないことを知る努力はしていました。ザクッと危うい状況なのは理解できても憲法の中身を話されるとなかなか頭が真っ白になりなんだか掴めずにいたのですが。楾弁護士のお話で、過去にあった流れがわかってショックだけど、そりゃそうなるかと反省しました。教科書に本当に大事なことがかかれずいまいちの教科書が増えているように思います。本に書かれているから信じるのではなく疑問を持ち、自分で考える力をわたしも子どもたちにもつけられるように日々話し、行動していこうと思います

・分かりやすいと聞いていたけれど想像以上に分かりやすく、2時間半あっという間と聞いていたけれど想像以上にあっという間でした。お話しを聞いてみて、このテーマは、右か左かというところにサッと持っていかれる、すり替えられるという力が働くけれど、そうやってつまらないケンカをしてるうちにそれ以前のところ、もっと根本的な部分で操作が行われてしまったりするということがあるんだなということです。学校で習ったときもよくわかっていなくて、公民と言えば穴埋めで過半数なのか3分の2なのかとか、そういうところの暗記をしてきましたが、そんなこと以前に、「憲法というのは、ライオン=権力を入れる檻なんだ」というたった一つの認識を持つほうが大切だと思いました。そして、みなさんの感想を読んで、「え?わたし憲法のこと全然わかってないのをひそかに後ろめたく思っていて、みんなは知ってるのかと思っていたのに、、、こんなにみんな知らなかったの?!」と驚きました。絵本も買いましたので、子どもと読みます。ありがとうございました!



by 10wahaha | 2018-11-18 12:08 | イベント・勉強会報告